FC2ブログ

うれしい♪

今年も届きました!晩白柚(ばんぺいゆ)!!

熊本に住む友人が毎年贈ってくれます。

これが届くと、もうすぐお正月だなぁ~と季節を感じます。

 

りんごと一緒に撮ってみました。

このりんごも結構立派な大きさなんですけど。

 

つながりに感謝です。 

191213晩白柚

 


スポンサーサイト



祝・1年! Three Good Things

1日の終わりに、

その日にあった「3つのいいこと」を記録する(思い出す)ことで、

たくさんいいことが起こるそうです。

 

1年前にそのことを教えてもらって、

12/12から記録を始めて、ちょうど1年が経ちました!

 

その日のうちに…とはいかず、

翌日の朝になったり、お昼になったりもしましたが、

それでも1年、書き続けました。

 

3つ×365日=1,095個のいいことがあったことになります♪

すご~~~~い!!!

 

スラスラと出てくることはまれで、

特に3つ目はう~~ん、う~~ん、と生みの苦しみ?

そんなときはたいてい食べ物のことになりました。

 

でも続けたことがすばらしいやん!

感謝、感謝、感謝です~~~。

 


署名&拡散のお願い

友人から以下のお知らせが届きました。
署名&拡散のご協力を是非お願いします!

旧優生保護法裁判の一審不当判決を受けて控訴審の準備が進んでいます
そんな中で東北大学の学生さんが中心となって
下記のような署名活動を展開します
ぜひ、拡散ご協力をお願いします

*****************************************************
優生手術被害者とともに歩むみやぎの会 メールニュース(2019.12.1)
*****************************************************

ーーーーーーーー転送・転載歓迎です!ーーーーーー

【署名への協力のお願い】

 このたび、私たち「強制不妊訴訟不当判決にともに立ち向かうプロジェクト」と「優生手術被害者とともに歩むみやぎの会」は、旧優生保護法に関する2つの署名を開始いたしました。

 「強制不妊訴訟不当判決にともに立ち向かうプロジェクト」は、東北大学や東北福祉大学の学部生中心のプロジェクトで、2019年5月28日の仙台地裁判決に疑問と怒りを感じて行動をはじめました。
 「優生手術被害者とともに歩むみやぎの会」は、2018年1月30日の仙台地裁への最初の提訴をきっかけにスタートした、この問題に関心のある市民のゆるやかなネットワークです。
いずれも宮城県を中心に、裁判の原告の闘いに伴走するとともに、優生手術被害の歴史を学び、当事者の声に耳を澄ませるための学習会などを行っています。

 さて、2018年1月30日、旧優生保護法下での強制不妊手術を受けた被害者の方が、国に謝罪と補償を求めて裁判を起こしました。
2019年5月2 日に仙台地方裁判所にて下された判決では、旧優生保護法が違憲と認められたにもかかわらず、原告の請求は全て棄却されました。原告はこれに控訴中です。
 また、この判決に先立ち2019年4月24日に成立した「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律」は、旧優生保護法が違憲であることを前提としないものであり、内容は被害回復には著しく不十分な内容でした。

 このように司法と国会が強制不妊手術の被害に向き合わない状況に対し、原告の裁判をそばで見守ってきた私たちは、
仙台高等裁判所が被害者の声に耳を傾けて公正な判決を下すこと、
②国が被害者に誠意ある謝罪と十分な補償をすること
を求める署名に取り組むことにいたしました。
この署名をきっかけに、旧優生保護法の問題への理解や、被害についての関心が広がることを願っています。

 短期間となりますが、多くの署名を集めるため、何卒ご協力のほどよろしくお願い致します。
署名の内容や書き方等につきましては、添付の署名用紙をご覧ください。
署名の取り扱いや集約の締切等についての説明の資料も添付しておりますので、そちらもご参照ください。

 なお、オンライン署名も同時に行っております。
こちらも広めていただけると幸いです。
こちらのサイトでは、旧優生保護法の問題点や、裁判の経過などももう少し詳しく掲載していますので、ご参照くださればうれしいです。
(仙台高裁宛て:http://chng.it/Y2D26JNn
  国宛て:http://chng.it/dsKLhwP8
*署名は、紙への自筆での署名か、オンライン署名か、どちらか一方でお願いします。

何かご不明な点がございましたら、下記へお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

◆強制不妊訴訟不当判決にともに立ち向かうプロジェクト
連絡先:confront.project.tohoku@gmail.com
URL:  https://confront-thk.hatenablog.com/entry/2019/11/27/114002  

◆優生手術被害者とともに歩むみやぎの会
連絡先:testify19481996@gmail.com
以上
 

12/10 県相談支援専門コース別研修

今日は相談支援専門コース別研修でした。

昨年に引き続き、和泉短期大学の鈴木敏彦先生を講師に、

「相談支援専門員に求められる意思決定支援の展開」

~津久井やまゆり園における意思決定支援の取組みから~

というテーマでお話しいただきました。

 

鈴木さんは「神奈川県意思決定支援専門アドバイザー」のお一人で、津久井やまゆり園利用者の意思決定支援の取組みに関わっておられるそうです。

その取組みを通して考えておられることを話して下さいました。

 

お話を聞きながら、年明けから着工する新しい施設のこと、

明日予定している個別支援会議のことを考えていました。

 

最後にワークがありました。

①相談支援専門員として利用者の意思決定のためにどのような取り組みをしているか。

②意思決定支援をするうえでどのような課題があるか。

 

私は個人ワークで②について

・利用者が表明したことを実現するための自分の覚悟

・社会資源の不足(自法人で作り続けるしかないのか)

・施設職員、本人、家族、社会の意識の変容

と書きました。

 

現場の最前線で頑張っている職員と話をしていかなくてはと思いました。

 

 

あきらめました

昨年に引き続き、
社会福祉法人財務管理研修を受講しました。
自分ではもう少し賢くなっていると
思っていたけど、
全然進歩していませんでした。
もうこの分野の勉強はあきらめようと思います。

帰りにショートブーツを買いました。
お買い物は楽しいです♪


緊急対応

昨夜はテレビをつけたまま、

ホットカーペットで寝てしまいました。


明け方に目が覚めて、携帯を見たら、着信が7件!!!

W君からでした。

「救急車でお母さんを病院に連れてきているので、

電話してほしい」との留守電が入っていました。

あ~やっちゃった。なぜに気がつかなかったのか…。

折り返し発信すると「お母ちゃん、入院した」とのこと。

そうか…。


おまけにW君も一緒に入院していると。

ええええ~~~っΣ(Д゚;/)/

「○○さん(ギョーセイマン)に電話しとってな」とW君。

日曜日なのにギョーセイマンは病院にかけつけてくれ、

病院ともやりとり。

「W君が『何かあったらsanjiさんに電話するから大丈夫!』と言ってましたよ」とギョーセイマン。


私もお昼から病院へ。

W君には「明日先生に大丈夫と言われたら家に帰ってね」

と伝えました。


帰り際、お母さんから

「クリスマス会、ゴジラのDVD一緒に観よな」と言われ、

心がホッコリ。 


緊急対応、これでいいのか?これでいいのだ!!

 


予防接種

ちょっと出遅れましたが、

インフルエンザの予防接種をしました。  



事前診察は先日Run伴で一緒に走ったドクターでした♪

「元気…ですよね?」との問診。

ひとつの出会い、広がる世界です。

 




リスクマネジャー養成研修会

12/4~6、日本知的障害者福祉協会主催の

リスクマネジャー養成研修会に参加してきました。

 

リスクマネジメントとは

「利用者の安心と安全を最大の前提として

サービスの質の向上と

利用者満足度の向上を目指す活動」

だと学びました。

 

今回の研修をA4のペーパー1枚にまとめて、

「自分のことばで」

リスクマネジメントの大切さを語ってみたいと思います。

 

最終日の今日は修了テストがありました。

25問中1問不正解でした。

研修の理解度を知るために、

テストがあるのはいいなぁと思いました。

 

とても充実した3日間でした。

 

 

富士山

12月4日の富士山

191204富士山


冬の富士山は一段ときれいですね。

191294富士山2


12月5日の富士山

左上のビルの右側に…わかりますか?

191205富士山

 


学びの秋 4

11/28~29、障害者支援施設部会全国大会に参加しました。

2日間にわたって、入所施設の今後のあり方について

熱心な議論が交わされました。

191128障害者支援施設部会全国大会


目の前にいる一人ひとりにとって、

「真に必要な施設」であるためには?

と考える時間になりました。

 

2日目の朝、窓を開けると雪が降っていました。

191129雪景色


ちょっと奮発して?ホテルの朝食。

3種類のコシヒカリ食べ比べ。

191128朝食

 

行きは空港から駅、駅でお昼ご飯を食べて、駅から会場、

帰りも会場から駅、駅でお昼ご飯を食べて、駅から空港。

…と寒さを感じることもない2日間でしたが、

一緒に参加した職員とゆっくり話せて、

とてもいい時間でした。

 

プロフィール

sanji

Author:sanji
こんにちは。sanjiです。
知的障害者福祉について考えたことあれこれを書いていきます。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR