FC2ブログ

もどかしい…

Mさんのお母さんから「進路が決まりました!」と連絡をいただきました。その決定はお母さんにとっては当初の希望通りではありませんが、ホッとした雰囲気が伝わってきました。

そして「いろいろありがとうございました」とお礼を言われました。

この件に関して、私は調整には入らず、お母さんから進捗状況を聞くだけで、適切なアドバイスもできませんでした。

「何もお役に立てなくて…」と言うと「話を聞いてもらうだけでありがたかったです♪」と言っていただきました。

今、相談事業が揺れていて、自治体も正直なところ「相談って何やねん?!」と思っておられるだろうと思います。
相談者が混乱を整理して、自分で次の道(方法)を選ぶことができたらgood!

でもなかなか言語化できなくて、もどかしい思いです。
スポンサーサイト



「彼女」のこと

「彼女」は突然、とおい世界へ旅立ってしまいました。

何よりも大切なのは「とき」

その人とどんな時間を過ごすことができたかだと思います。

「発達障害だって大丈夫」

今日も時間がたっぷりあったので、
堀田あけみ著「発達障害だって大丈夫〜自閉症の子を育てる幸せ〜」(2007河出書房新社)
を読みました。最初は気合いを入れてピンクの蛍光ペンを片手に読み始めたんですが…。

どうも私は「アイコ十六歳」の堀田あけみ、というイメージ(先入観)を強く持ちすぎたみたいで…
そこから抜け切れませんでした。

本にたびたび登場する彼女のだんなさんの方に興味がわいてネット検索してみると…こりゃステキ♪♪♪
アザラシくんにいやされました。

http://www.reiohara.com/

復活です♪

熱は下がっているので今日は休養日です。

3日前、インフルエンザ陽性だとわかった後、待合い室へ戻ろうとした私を「あ〜〜そっちは行ったらあかん!!」と慌てて止めたドクター。それ以降は奥の処置室で薬の説明とお金の精算。終わるとそそくさと部屋を出て行く看護師さん。一連のことから「そっか〜〜インフルエンザって大変な感染症なんだ…」と気が付いた次第。

時間がたっぷりあったので、インフルエンザとタミフルのこと、ネットでこれでもか!というくらい調べました(笑)。

とりあえず、今日で処方された薬も飲み終わったし、病院の言う「解熱後48時間」も経ったし、何より心身ともに元気になったので、明日から日常生活に戻りま〜す♪

「自閉っ子は、早期診断がお好き」

今日も熱は36℃台で落ち着いていました。

ネットによると熱が下がっても、発症から5〜7日間は感染力があるそうなので、出勤してもいいかどうかは明日病院に聞いてみようと思います。

昨夜は眠れなかったので、読みかけだった「自閉っ子は、早期診断がお好き」を読みました。

数々の二次障害を経験された藤家さんは早期診断とその後の適切な教育、支援の大切さを訴えられています。

不適切な対応は本来持っている障害からくるしんどさ以上の二次障害を引き起こすことがあります。

「最近は、地方分権になりつつあるが、自閉っ子の指導だけは、全国で統一してほしいと望むことが多い。○×県は予算があったから、就職できるくらいスキルがある。一方で、#$県は支援が整っていないから、ランダムな成長しかできていない、という事態は避けなければいけない。」(by藤家さん)

私の場合、専門家にはなれないけれど、身近な支援者になりたいです。
「あなたはあなたでいいんだよ」とメッセージを伝えたいし、困っていることがあれば困らない方法を具体的に伝えたい、一緒に考えたい!
私のできることをやっていきたいと思います♪

インフルエンザその後

昨日、夕方37℃台に下がっていた熱が、19時には38.1℃、21時には38.8℃、2時半には39.3℃とまたまたうなぎのぼり…。

でも今日の午前中は37℃台、午後は36℃台まで下がりました(^_^)v

お薬が効いたんですね〜〜。今話題の「タミフル」が処方されています。

寝過ぎて(?)頭がボーっとしてます。
寝ておくのも起きておくのもしんどくて、困った困ったです。

インフルエンザは突然やってきます。みなさんもお気を付け下さい。(私の職場では利用者にも職員にもワクチン接種を勧めていますが、私はずっと接種してませんでした。来年はもう許されませんね〜〜。)

インフルエンザA型

昨夜ぐんぐんと熱が上がり、ピークは39.6℃でした。

その後も39℃台から下がらず。午後、病院に行ってインフルエンザ検査をすると「A型です」とドクター。

その後は薬をもらうのも精算も別室で^^;;

薬のおかげで熱は下がり(37.7℃)、ちょっと楽になりました。
しばらく休養しますzzzzz

寒がり

昨日の夜から咳が出始めて、何かおかしい…。
朝起きたらビンゴ!!喉の調子が悪くて、明らかに風邪の症状。

「きっと気のせいだ…」と言い聞かせて、午前中は学校訪問。午後からは通所施設の保護者会で障害者自立支援法について施設職員の立場から、ということで話をしてきました。

みなさん、とても熱心に聞いていただきました。

「言いにくいことをお話しいただいて、搾り出すように話をしていただいたのが印象的でした。」と司会者の方から言っていただきました。ちゃうねんけど…でもそう伝わったならそれはそれでOKです♪

背中はゾクゾクするし身体は熱いし、これはやっぱりだめだな…。職場に戻って熱を測ると38.3℃でした。あ〜〜やっぱり…。

「寒い」「寒い」と言っているとTさんが「sanjiさんは寒がりなんか?!」と声をかけてくれました。

あはははは。「そうなんや!」
ちょっと油断してました。がんばろう!

委託障害者相談支援事業の行方は…

今日は県内の療育等支援施設事業のコーディネーターが集まる会議でした。療育拠点施設事業が年4回招集し、県障害福祉課からの報告、要望の集約、各圏域の情報交換、研修等が行われます。

来年度からコーディネーターの予算がなくなるので、話題はどうしても「委託障害者相談支援事業(市町から委託されて実施する相談事業)」の委託状況に集中します。

圏域内の複数市町から委託の場合、「週何回、1日何時間」というような契約で、窓口に座ることを求められているところもあるようです。

はて???
そこで受けた相談はいつどこでどうやって解決していくのかなぁ…。
(委託してもらえないよりはマシかもしれないけど)

相談事業は障害者自立支援法が円滑に動くための根幹だと思うのだけど、なかなかわかってもらえない…。
とてもフコウでザンネンです。

あがらなかった(^_^)v

今日はあがらずに話が出来たよ♪

とりあえず良かった!
プロフィール

sanji

Author:sanji
こんにちは。sanjiです。
知的障害者福祉について考えたことあれこれを書いていきます。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR