FC2ブログ

社会復帰促進センター

近隣の社会福祉士会が主催した講演会に行ってきました。

講師は昨年官民協働の刑務所として誕生した「社会復帰促進センター」の職員さんです。

刑務所には以前から臨床心理士は配置されていましたが、社会福祉士や精神保健福祉士という職種が入るのは画期的なのだそうです。
それだけ出所後の定着支援のノウハウとネットワークが期待されている、ということだそうです。

講演会後、意見交換の時間がたっぷりとありました。

私は出所や出所後の生活を支援していくことも大切だと思いますが、それよりも「入らない」支援が大切だと思います。
知的障害の人たちがなぜ刑務所に入ってしまうのか、その理由を発信して、私たちがしなければならないことを教えてほしいとお願いしました。

1.障害があっても手帳を持っていない人が多い。

2.せめて中学校までにきちんと福祉の手が差し伸べられるようにすることが必要。

3.それが出来ないのは世の中の障害者観が問題ではないか。

と説明をされました。

触法の問題は大人だけの問題ではなく、もっと早くから始まっているんですね。(次郎おじさんのブログhttp://jiroojisan.blog89.fc2.com/blog-entry-182.htmlにも書いてありました)

やらなければならないことはヤマのようにあります。はぁ〜〜。

ちなみにこのセンターは処遇困難であったり集団に馴染みにくい受刑者のために単独室(個室)や個別の浴室が多いのだそうです。
はぁ〜〜。
スポンサーサイト



名言

「あせらず、くさらず、あきらめず」

昨日、Tちゃんから教えてもらった名言です。


 

わがまま?

コーディネーターの仕事を長くしてきて、
「わがまま」と言う言葉だけは使わないようにしよう!と思ってきました。

宅急便は「わがまま」をサービスに変えました。
遊ぶのに荷物ぐらい自分で運べよ!!と言いたいところですが、
スキーパックやゴルフパックはもうあたりまえ。

では障害福祉サービスはどうでしょう?

ケア計画(支援計画)を作りながら、葛藤することがあります。

個別支援会議にのせて、課題は共有したい。
このためにお金を使ってもいいよね!とみんなで考える。
そんな積み重ねの中から地域の福祉文化を作っていきたいと思います。

そして、迷った時は…
「本人のためかどうか」に戻って考えようと思います。

くったくた…


相談は体力が勝負です!!

圏域

精神障害者関係のネットワーク会議に出席しました。

会議は4つの健康福祉事務所の管轄地域ごとでグループ討議をしながら進行されました。

広い圏域内での事業の進め方、とても参考になりました!

「圏域」という得体のしれない(?)概念にずっと悩まされてきましたが、
それぞれの機関の日々の実践と地域の中でのつながりが圏域を作っていくんだなと実感しました。

がんばります!!

成年後見制度を使いやすい制度に!

研修会の懇親会で厚生労働省の障害福祉専門官と話をしました。

もちろんお願いごとは成年後見制度♪

1.親族後見人から第三者後見人にバトンタッチする時、費用がネックになるため、何らかの支援を考えてほしいこと(知的障害者にとって成年後見制度は車椅子や白杖と同じ)。

2.障害基礎年金の申請時に自動的に成年後見制度の申立てができるようなシステムにしてほしいこと。

3.誰もが使える制度にしてほしいこと。

専門官は「酔っ払う前に話が聞けて良かったです」とメモをとって下さいました。

どこでも言います!
しつこく言います!
かなうまで言います!

研修会で考えたこと

療育等支援施設事業でとても実績のある施設の理事長さんが「市町村事業になると市外からの相談を受けられない」と発言されました。

こういう発言を聞くと「はじめに事業ありき」なんだなと思う。
「相談」というのは「事業」なんだろうか?
私が勤める施設では事業がなくても開設時から「相談」を大切な施設の役割の1つとして位置づけてきた。
確かにお金がなければ人を配置できないので、事業をとってくることは大切だと思う。
でも、だからと言って、事業の対象にならない人の相談は受けられない、ではおかしいと思う。

仕事をしていくうえで、障害者自立支援法への理解は何よりも大切だという誤解をしてしまう。
実際に具体的なところまで知っていないと話にならないことも多い。
でも「地域自立支援協議会は〜」「相談支援事業は〜」と何もかも自立支援法に照らし合わせて物事を考えるのはやめて、自分達の目的を常に明確にして実践をしていきたいと思いました。

たたかいはつづく…

出かける直前、ベランダからハトが羽ばたく音が聞こえました。

ん??

気になってベランダをのぞくと、そこには…

またしてもハトが巣を作りかけていました〜〜!!!!!

とりあえず応急処置はしましたが、さてさて、どうしたものかいな〜。

会議

システム手帳を開くと「会議」の占める割合が多くなっていることがわかります。

私は「相談」そのものが好きなんだけどなぁ〜。

今日も1つ、個別支援会議の調整が終わりました(^^)v

現場実習指導

Ojnqjfwi 今日は社会福祉士実習を控えた学生さんたちを対象にお話をする機会をいただきました。
知的障害福祉現場の現状と課題を理解し、実習の事前準備の参考にしてもらうことが私に与えられた役割です。

私がどんな仕事をしているか、仕事を通じてどんなことを考えているかを知ってもらうことで、学生さんたちが何かを感じてくれたらいいなという気持ちで臨みました。

最後に学生さんが書いた感想文のコピーをいただいたのですが、ここは伝わったんだなとか、ここは言葉足らずだったんだなとか、飛ばしてしまったけどここに関心を持ってもらったんだなとか、私の方がすご〜〜く勉強になりました♪

何より、学生さんたちから見て、私は楽しそうに仕事をしていると見えたようで(?)、そのことがとってもうれしかったです♪

ますますこの仕事、やめられないです!!

良い実習をして、ぜひぜひ私たちの仲間になってね!
今日はほんとにありがと〜〜〜〜♪
プロフィール

sanji

Author:sanji
こんにちは。sanjiです。
知的障害者福祉について考えたことあれこれを書いていきます。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR