FC2ブログ

スカートが話題に…

今日は夕方からお出かけをするので(?)スカートをはきました。

「ところでsanjiさん、スカート姿って、初めて見るけど…」

か、課長さん…それって、セクハラ発言にひっかかりますかもよ!!

そしたら会議が終わって相談員さんが

「sanjiさん、珍しい〜〜。今日はスカートなんやね〜〜[E:heart01]」

うっ…[E:despair]

確かに…圏域の中で動く時に、

スカートをはくことはなかった…かもしれない。

じゃ〜〜この機会にイメチェンするぞ!

会議の時はスカートをはこう。

…って、こんなことを宣言すること自体、変かしらん[E:happy02]

スポンサーサイト



スリランカのまるきさん

まるきさんからエアメールで写真と手紙が届きました[E:heart01]

おひさしぶりですね sanjiさん しょくいんさん げんきですか?

わたしはげんきです

ごめんなさい sanjiさん わたしから てがみおそかったです

にほんは いま どうですか? あついですか?

すりらんかは いま あめです ちょっとあついです

ローマ字の手紙はこんな文章で始まっています。

まるきさんは海外ボランティアで、うちの施設に来られ、1年間を一緒に過ごしました。

もう10年近く前なのに、こんな日本語が書けることがすごいですね。

返事を書かなきゃね~~[E:airplane]

まとめ書き

今月のブログは「ずる」をして(?)、まとめ書きをしています。

体調のせいなのか、年齢のせいなのか、

日々の業務にエネルギーを使い果たしているのか、

夜になるとぐったりで、更新ができません。

…というか、別に書いても書かなくても、何にも問題はないんですが…[E:coldsweats01]

ということで書ける時に書けることを書くことにしましょう[E:happy01]

実践しないと意味がない…

成年後見制度の研修会をやってもやっても、

申立てをしようとする家族や後見人との契約をしようとする事業者は

なかなか出て来ず、イライラすることはこのブログで愚痴っている通りです。

「実践しないなら勉強する意味ないやん!」

 *  *  *  *  *  *  *  *  *

今日は3回シリーズの自閉症研修会の最終日でした。

私たちも同じことを言われるんだと思います…。

いかに実践につなげていくか。

問題行動をなくすことが目標ではなく、その先に何をさせたいか、

その人にどんな生活をしてほしいか、その人の豊かな生活を支援する、

そんな発想の転換が必要だと感じています。

愚痴は言うたらあかんけど…

何度も言うけど(ここで言っても仕方ないけど…)、

私の仕事は直接支援ではなく、後方支援。

そりゃそうだ。相談支援事業は基本事業として市町の交付税の中に入っていて、

県はその後方支援の役割をということでお金を使ってくれているのだから。

県が「コーディネーターは一般相談をするんとちゃうよ!」と言うのは当然。

直接の相談は、個別支援会議という形でチームを作って、

つないでいけたらなぁと思っているけど、

これがなかなかうまくいかないんだよねぇ…。

眼科通院

使い捨てコンタクトを使っているので、3ヶ月ごとに眼科通院をしています。

17:30に病院に入り、まず[E:eye]視力検査。

患者さんが多くて、診察室に呼ばれたのは19:15[E:wobbly]

瞳孔を開くための点眼をして、次に呼ばれたのが19:50[E:bearing]

検査後、帰るOKが出たのは20:15[E:sad]

網膜に傷んでいるところがあるらしく、通院[E:hospital]のたびに検査です。

「目の前に黒いものが飛んで見えたり、

視野が欠けて見えたりしたらすぐに通院して下さい」と

毎回言われます。怖い…[E:crying]

職場に戻って仕事をしようと思いましたが、

まぶしくて目が開けていられなくて、やむなく強制終了でした[E:night]

今日は雨です

どしゃぶりの雨が降る中[E:rain]、Nさんの職場訪問。

ドライブインの掃除をしているNさんは

カッパを着て、長靴を履いて、いつもと同じ仕事をこなしています。

頭が下がります…。

特別支援学校の同窓会

[E:school]特別支援学校の同窓会設立総会に行って来ました。

市長さんをはじめ、2国会議員さん、4県会議員さん、4市町教育委員会さんが来賓席に。

バザー会場では卒業生が通っている事業所のうち12事業所が参加[E:bread][E:noodle][E:cafe]

午後は丸山和也弁護士の講演[E:karaoke]とフリートーク。

とても盛大な会でした。

継続することが一番むずかしいと思いますが、

これからの活動に期待しています[E:happy01]

夏山遭難

大雪山系での遭難事故、お気の毒でした[E:weep]

私は大学3年生の5月に初めて登った御在所岳に感動して、

「山行こ会」という同好会に入りました。

途中の花々[E:tulip]はかわいいし、頂上での爽快感はサイコーでした[E:heart02]

ハイキンググループなので、鈴鹿の山(1,000メートル前後)を歩くぐらいでしたが、

それでも怖い思いをしたことがあります。

男性2名、女性3名で出かけた時のこと。

天候が悪くなって来て[E:rain][E:typhoon]、進むか、引き返すかというところで、

「進む」を選んだリーダー。

片側が岩場、片側が絶壁?というような道があって、

「怖い[E:crying][E:crying][E:crying]」と泣き出し、前に進めなくなった1年生の女の子。

泣いとらんと、頼むから歩いてくれよ…[E:shock]

ここで遭難するのか…と本気で思いました。

就職して何年目かの夏休み。北海道の積丹岳に登りました。

気軽に登り始めたものの、途中から「笹漕ぎ」状態[E:coldsweats02]

顔の高さまである笹を手で漕ぎながらひたすら歩きました。

友達は水とチョコレートを持っていて、私はおにぎりを持っていて、

さて、はぐれて遭難したらどちらが助かるんだろう?と

真剣に考えながら笹を漕いでいました。

今ではロープウェーで遊覧パノラマを楽しんで

頂上付近をちょっとだけ歩く、という楽しみ方に変わりましたが…。

事故に遭われた方々のご冥福をお祈りします。

自閉症の理解と支援

自閉症3回シリーズの2回目の研修会は「学齢期の支援について」です。

講師先生は昨日、滋賀県で講演をして、

今日の講演後は、鳥取県で午後と夕方に(明日も)講演をするそうです。

すごすぎる…。

講師先生は言いました。

「いつまで言い続けなければならないのかな…」

返す言葉がみつかりませんでした。

* * * * * * * * * * * * * * * *

講演が終わった後、

「それでも、やっぱり言い続けて下さいね!」とお願いすると、

「もちろん![E:happy01]言い続けますよ!![E:punch]」と言われました。

どうぞ、もう少し力を貸して下さい。

実践への道筋を指導出来るように頑張りますから!!

プロフィール

sanji

Author:sanji
こんにちは。sanjiです。
知的障害者福祉について考えたことあれこれを書いていきます。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR