FC2ブログ

休みが多い??

実家での父との会話です。

父:おまえとこは休みは何日あるんや?

私:4週7休やけど…

父:そんなにあるんか??そしたら公務員とほとんど一緒か??

私:でも祝日は休みちゃうで。

父:祝日も含まれるいうことやな?ほんでも月に7日いうたら多いやないか。

  で、7日も休みがあって何しょんや??

私:半分は仕事かな…。(聞くなよ…[E:despair])

父:そ~か、7日か。兄貴のとこ、みてみ~。休みなんか聞いたことないぞ。

  (※父の兄宅は自営業です)

私:…

父:ほんでもおまえは好きでやっとんかもしれんけど、上のモンが働き過ぎたら、

  下からは不満が出るもんやで。

私:…

 

ちなみに私が就職した時は4週4休でした。

スポンサーサイト



送別会

今日は送別会がありました。送られる人は3人です。

1人は施設で5年働いた後、

役場の地域包括支援センターへ社会福祉士として4年間出向した女性職員。

「〇〇園で働いたことを誇りに思う[E:heart02]」と、涙涙のメッセージ。

1人は69歳で採用され、今年80歳の男性職員。

80歳とは思えない元気さとダンディーな「お父ちゃん」

これからもずっとずっと元気でいて下さい[E:heart04]

そして1人は私が就職した時から現在まで温かく見守り育ててもらった

尊敬し、信頼する上司です[E:noodle][E:spa]

記念品の贈呈では、泣かずに挨拶が出来、

同じテーブルの職員から「頑張ったな~[E:heart01]」とほめてもらいました[E:confident]

(乾杯の時から泣いていたので…[E:coldsweats01])

20ン年前、任用前研修の2日目に

「この仕事を続ける間は“一生をかけるつもりで”やってほしい」

「そのためには大きな目標を持っていないとやれませんよ」

と言われました。これが指導のスタートでした。

ほんとうにたくさんのことを学ばせてもらい、

そして、私の良いところを数倍に引き出してもらい、

感謝でいっぱいです!

まだまだ「ひとりだち」は出来そうにありませんが(?)、

一歩、一歩、頑張ります!!!

年度末の休日

久しぶりのオフタイムです。

やりたいことはたくさんあったのに、

何もせず、半日以上ソファーで寝ていました…[E:wobbly]

今年度も残すところあと9日。

新しい年度を迎える前に今年度のお仕事の整理をしなくては〜〜〜。

 

LEDアクオス[E:tv]はうっとりするほど、キレイ[E:shine]です[E:lovely]

満足、まんぞく[E:heart02]

必要なひと

私の安心できるとこはどこなんやろう?

と彼女は言いました。

とてもせつなくなりました。

安心できる場所、安心できる関係、

それを探している人が少なくありません。

今、この時間、彼女を支えてくれているのは

入所施設で暮らす利用者さん達です。

何も言わず、何も聞かず、

ただ、その存在を受入れてくれるみんな。

ありがとう[E:heart01]

私もその居心地の良さに支えてもらっている一人です。

またまた怒る…

制度にあてはまるかどうかだけで話をする某行政担当者。

目の前にいる人の生活実態を見て、

どうしたら食べることが出来て、安心して生活出来るか、

それを一緒に考えたいだけなのに…。

「制度の対象にはならない」

それで相談が終わる(始まらない)なら、

市役所も役場も公務員もいらんやろ〜〜!!!

 

市町行政は、県行政は、国政は

何のために

誰のために

あるんですか…??

思い知らされました 2

先日の個別支援会議(思い知らされました)後、初めて担当者さんと顔を合わせました。

会議が終わって帰ろうとされていたところを呼び止めました。

上司に注意を受けたことやこの間に考えたこと等を話しました。

担当者さんは

「自分がsanjiさんの立場だったら同じように考えると思う」

「sanjiさんは私たちより一歩先を考えなければならないから大変だと思う」

「sanjiさんのことをどうこうは思っていないし、一緒に会議に出た担当者も同じだと思う」

と言われました。

とりあえずホッとしましたが…

帰り際にこんな一言

「それだけですか??」

「あ〜〜良かった。また、何を怒られるのかと思いました…。」

[E:sad] [E:wobbly] [E:bearing] [E:despair] [E:rain]

やっぱり“うっとおしいヤツ”だと思われてるってことやんね…[E:shock]

だんだん扱いにくくなる自分です。

来賓祝辞 その2

何事にも最後まであきらめずに努力することを大切にしてほしい。

自然の恵みに感謝してほしい。

これからも学び続けてほしい。

思いやりと感謝の気持ちを持ち続けてほしい。

これは特別支援学校小・中学部卒業式で

校長先生と来賓からのお祝いのことばの一部です。

う~~~ん、私はやれているかなぁ~[E:coldsweats01]

 

県議会議員さんからは

今日の日を楽しみに待っていました[E:heart02]

みなさんの笑顔を見るために私達大人は努力をしています。

失敗もします。

もっとステキな社会を作っていくにはみなさんの力が必要です[E:punch]

一緒に頑張って行きましょう[E:up]

 

初めて出会った日のあなたのこと、お母さんのお話、昨日のことのように覚えています。

みんなほんとうに大きくなったね。

卒業おめでとう![E:tulip][E:clock]

地デジテレビ~~

我が家に地デジテレビがやって来ました!

テレビと言えば父親の影響で(?)ずっとSONYでしたが、

今回はシャープのLEDアクオス[E:tv]です[E:scissors]

友人からは

「何で買うたん??もったいない」と言われてしまいました…[E:coldsweats01]

確かに…

テレビ、見ないけど…。

500GBのブルーレイも一緒に買っちゃいました。

ホホホ…[E:heart01]

新しいものはうれしい[E:heart02]

全く知らずに買ったけど、すぐれものなんですね。コレ[E:flair]

宝の持ち腐れにならないように気を付けよう[E:happy01]

どうやねん?ケアホーム…

4月から2軒のケアホームをオープンする予定で1年間準備を進めてきました。

1軒はこれまで自活訓練事業で使って来た民家[E:house]

この1年間は法人の持ち出しで4人の利用者さんが生活をしました。

もう1軒は新築ホーム[E:new]で完成間近!

7名定員で、うち1名は体験利用にキープ。3軒目に向けての準備もバッチリです[E:scissors]

が…道は険しかった!!!

1つ目は本人の意向と家族(後見人)の意向。

繰り返し本人や家族からの聞き取りをし、利用メンバーを決めました。

2つ目はお金。

2級年金のみの人が新築のホームを使うとお金が足りない…。

念のため生活保護についても調べましたが、出てきたのが「他法優先」の考え方。

「今、施設で生活出来ているなら、将来、生保になることがわかっていて、

ケアホームへ行くことはないんじゃないか」という理屈になるそうです。

それはおかしいやろ??!!

3つ目は年齢。

65歳を超えると「介護保険優先」

保護者さんには「何かあればいつでも本体施設で受け入れます」と言い続けてきたのに。

対象利用者の自治体から「他に適当な介護保険施設がなく、

かつ障害福祉サービスが適していると判断すればOK」というような回答を取り付け、

とりあえず一段落。

4つ目は基準。

現在利用中の民家(借家)を「用途変更」しようとしたところ、ストップが…。

神奈川県でのグループホーム火災以降、消防法上(建築法上?)の基準が厳しくなり、

今のままでは使えないことがわかりました。改修見積りは「ン百万円!!」

4月からのスタートは不可能になりました。

ちなみにケアホームは「児童福祉施設等」の分類に入るそうです。

5つ目はまたしても年齢。

すでに65歳を超えている利用者さんの場合、

入所施設を退所したと同時に介護保険の適用除外でなくなるとのこと。

すなわち、ケアホームを利用する対象者ではなくなるとのこと。

自治体から厚生労働省に確認をしてもらい、

理由書の提出により利用は可能との回答を得ましたが、

Uターンについては100%の保障はないとのこと。

どうなっとんねん??ケアホーム!

ほんまに安心した地域生活を送るためのツールになるんやろか??

思い知らされました

「介護者不在」は入所の理由になるんだろうか?

お母さんが亡くなったことがどうして入所の理由になるんだろう?

知的障害を持っている人たちの地域生活は親の力に頼っているところが大きい。

だから、

主介護者であるお母さんが亡くなると、

きょうだいがみるか、

そうでなかったら入所施設を選択することが多い。障害の重い人は特に。

でも、その時の入所理由は「介護者不在」なんだろうか??

もしそうだとしたら、その人のその後の数十年を

入所施設は何を目標に支援していくんだろう?

入所理由は「介護者不在」ではないはずだ。

だから、入所する時にはちゃんと整理をしなくちゃいけない。

何があったら良かったのか?何が足りなかったのか。

そんな話を個別支援会議で投げかけた。

関係者からは

「お父さんは入所を希望されてるじゃないですか」

「社会資源がない中でどうしたらいいんですか?」と言われた。

 

それを考えるのは誰なん??

 

上司に報告をしたら、「それを考えるのはあなたです」と言われた。

「本来こうあるといい」という形を示さなければならないのは私…。

そして、

どうしようもないことを投げかけるだけでは、嫌がられるだけだと言われてしまった。

 

困ったな…。

年々頑固になってるみたいだ、あたし。

上司の助言にさえ、ふてくされる寸前だった。

私の思いをちゃんと形にしよう。

そして、「今はこの段階だけど、何年か先にはこうなったらいいね」を共有しよう。

持って行き場のないイライラを人のせいにするのはやめよう…。

わかってもらえる人を増やす努力をしよう。

道は遠いな…。まだまだ、まだまだだなぁ…。あたし…。

プロフィール

sanji

Author:sanji
こんにちは。sanjiです。
知的障害者福祉について考えたことあれこれを書いていきます。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR