FC2ブログ

今月もスクーリング

今月もスクーリング

スクーリング第2弾です。

受講生さんが変わるので、内容は先月と同じです。

帰りにレポートの宿題(添削)[E:memo]をもらってしまい、ちょっとブルー[E:shock]

「今からしよう!」とお昼休みにやり始める先生たちもいて…[E:punch]

私には無理〜。

やっと一仕事終わったのに、なぜこうなってしまうのか…[E:bearing]

スポンサーサイト



地域自立支援協議会週間

今週はとある地域自立支援協議会の部会(精神、知的、身体、児童、就労)に

出席させていただきました!

「形式ばったものではなく、何でも言い合える会にしたい[E:shine]」

という担当者さんの思いの通り、

どの部会でも活発な意見交換がありました。

特に当事者さんの意見から議論が広がったことが印象的でした。

地道に一歩一歩[E:foot][E:foot]です[E:scissors]

講演会から考えた 2

特別支援学校へ行って来ました。

先生達が来年度からの教育課程を考えるにあたって、

勉強会をするとのことで、声をかけていただきました[E:scissors]

私に期待されたことは

「卒業後を見据えて、学校時代に何をしておかなければならないか」

お~~~~~~~[E:flair]

まさに、まさにですやん…。

でもいざとなると伝えることはむずかしい。

(…って、せっかくのチャンスなのに、準備していかなかったんかい!??)

先生方に配布されていた資料の「コミュニケーション」の欄には

『豊かに生きていくために、言葉を媒介としたコミュニケーション力の定着を図る』

『コミュニケーションの基盤となる、「聞く」「話す」「読む」「書く」ことを中心に学ぶ』

と書いてありました[E:coldsweats02]

昨日の話とまったく逆ですやん…。

1つの事例をお話して、質問もたくさんいただいて、予定の時間を30分オーバー[E:sandclock]

終了後も数人の先生方が残られて、1時間近く、フリートーク[E:notes]

たった1つの事例だったんですが、生徒さん達を思い浮かべて、

いろいろなことを感じていただいたようです。

それから…

つながることが大切[E:flair]と思っていただけたみたいで、とってもうれしい。

人と人とがつながれば、実効的で日常的なネットワークになります!!

作ろうと思っても作れない機会を用意していただけて、ほんとうに感謝でした[E:shine]

講演会から考えた

今日はルネス花北の宮田先生の講演会がありました。

テーマは「重症心身障害児・者の理解と支援」です。

以下先生のスライドより抜粋です[E:memo]

<自立するために必要な能力とは?>

・「歩く」「しゃべる」「読み・書き・計算」は、地域で暮らすために不可欠な能力ではない

・社会で豊かに暮らしていくために必要な能力は?

  ・意欲、自信、安心感

  ・コミュニケーションする力(言葉だけではない!)

  ・生活する技術(買い物できる、身だしなみに気がつかえる、

  周りの人と「折り合いをつける」など)

  ・自分で決め、自分で選ぶ力

・どんなに障害が重くても、自立する能力はあり、その権利もある

・療育の課題は、自立への準備=エンパワメント

 

とても気持ちの良い講演会でした!

「意欲」「自信」「安心感」は障害のある人だけでなく、

子どもや高齢者も含め、すべての人に必要ですよね!!

先日の関係者会議でも「心のパワーをどう取り戻すか?」が議論になりました。

意欲や自信を育んだり、安心感を感じるためには、

ひとりひとりが大切にされることが基本です。

人間理解…まだまだ修行(?)が必要です。

エンパワメント

先週、とあるセミナーで「家族支援」をテーマにした分科会がありました[E:karaoke]

「本人支援」と「家族支援」についてあらためて考えました。

 

最近、

人のしんどさは他の誰にもわかるもんじゃないんだな、

ということを感じています(今頃何言うとんねん…[E:bearing])。

本人や家族が求めることは日々刻々と変化していて、

介入や支援のタイミングはとっても大事。

支援の目標は、本人や家族が現状を受け止めて、

その人なりに生きて行けるようになることなのかな。

出来れば「希望を持って[E:heart01]」が望ましいけど。

これをエンパワメントって言うのかな。

そんな支援のためには…

その人が持っている力を心から信じて、

じっくりと付き合っていくことが大切なんだと思います。

そして、必要な時にすぐに動けるように、

たくさんの情報とネットワーク…「守る、支える、つなぐ」ですね。

 

とても暑い夏、しんどさの中で、今そんなことを考えています。

あ~~~しんどい…。

急性親孝行症候群

大熊由紀子さんのえにしメールに「急性親孝行症候群」とありました。

急性であれ、なんであれ、

親孝行出来たら幸せですね[E:heart01]

改めて地域移行

施設や病院からの地域移行に必要なものはタイミングと安心。

入所前や入院前よりも安定していることがわかっていても、

「安定しているのだからもう少しこのまま…」と思う家族の気持ちは間違っていないと思う。

入所だって入院だって、本人にとっても家族にとっても、

それは必要かつ大きな決断だったはず。

帰ることを決める時に、

送り出す側と迎える地域(資源)とがつながっていることがわかれば、

そして出たあとも支えてもらえるんだという確信が得られたら、

安心して踏み出せるんだと思う。

そこにはやっぱり丁寧な「相談」がほしい。

「不安だ」と素直に言える選択肢もほしい。

言えない立場だということをわかってすすめてほしい。

我が家の小さな地域移行(?)からそんなことを考えました。

鋭〜い!

今日の地域自立支援協議会の専門部会は事例検討と事例報告。

私は初めての参加です。

一通りの報告と意見交換が終わった後、司会の部会長さん(精神科医)から

「sanjiさん、助言をお願いします」

はぁああああ???? ドクターを前に助言なんて…[E:wobbly]

その後も、

「他の地域と比べて、社会資源は多いと思いますか?」

「地域の連携は出来ていると思いますか?」

とストレートな質問[E:flair]

びっくりでした!!

だって、圏域コーディネーターの役割をわかっているってことやんね…。

そして自立支援協議会の目的も…。

でないとこんな質問を投げられないです…。

すばらしい…[E:heart01]

進行もとっても上手で、

部会終了後、担当者さんと保健師さんとで感動しまくりでした[E:happy01]

資格

退院後、何回目かのSさんの個別支援会議。

ヘルパー事業所さんが変わったので、名刺交換。

「わ〜〜すごい!!」「精神保健福祉士って、初めてお出会いしました[E:heart02]」とヘルパーさん。

私の名刺には社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、介護支援専門員、と

持っている資格を全部並べています[E:wink]

(ほんとは保育士もあるけど、これは書けない…[E:coldsweats01])

「資格マニア」と言われたこともあるけど、努力の結果なわけだから。

どれだけ経験を積んでも、どれだけ資格をとっても、

「自信」はなかなか付きません。

だから、せめてハクぐらい(?)付けてもいいかと思って…。

私の一番は「社会福祉士」[E:heart01]

カッコイイ社会福祉士になりたいんです[E:shine]

相談って…

相談ってむずかしい。

相談員の質ももちろん大切だけど、

解決に結びつくための社会資源(量や質、それにつなげるためのシステム)が必要。

どこに、誰に相談したら助けてもらえるのか…

そんな思いをしている人を一人でも少なくしたいです。

 

今日は気分転換がしたくて、口紅を買いました[E:rouge]

あの「なんちゃって販売員」のいるお店へ行きたいのですが、

今、その時間がないので、とりあえず近くのドラッグストアーで[E:happy01]

プロフィール

sanji

Author:sanji
こんにちは。sanjiです。
知的障害者福祉について考えたことあれこれを書いていきます。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR