FC2ブログ

母の通院 その2

約束した時間に実家へ行くと「今日もフラフラして起きられへん」と寝ている母。

さっき血圧を測ったら198だったと…。

しばらく休んだ後、そろりそろりと起き上がる母。

起き上がってしまうと大丈夫みたいです。

 

今日は父がお世話になっていた近所の病院へ[E:hospital]

院長先生の外来日ではありませんでしたが、

今日なら私も付き添えるのと、一日でも早くとの思いで通院することにしました。

待合室で待っていると、院長先生が内科外来へ…。もしかしたら[E:heart01]

  

診察室に呼ばれると院長先生が座っていました[E:heart04]

母:いや〜〜院長先生、その節はお世話になりました[E:heart02]今度は私がこんなんで。

[E:hospital]:あれからもう一年ぐらいになるんかな〜?

母:7ヶ月です。怒られる人がいないから淋しなりました。

こんなやりとりから診察は始まりました。

  

聴診と問診の後、心電図とレントゲン撮影。

再度診察室で検査結果とこれからの治療方針の説明。

母:先生、食事[E:restaurant]のほうは…。

[E:hospital]:うすあじ[E:wink]

母:先生、わかっとんですけど、私一人やしね…。

私:そんなん、聞くからやん[E:coldsweats01]

母:いろいろ食べたいし、薄味言われても…。(あれこれあれこれ…)

[E:hospital]:…わかった[E:shine]好きなもん食べ!好きなもん食べたらええ!

身を乗り出していろいろ質問する母。

ボディータッチもしながら、ゆっくり聞いてくれる先生。

最後は…

母:先生、私、大丈夫でしょうか?

[E:hospital]:大丈夫[E:happy01]

 

横でやりとりを聞いていた私は泣いてしまいそうでした。

父の入院は長くはありませんでしたが、いろいろあったので、

院長先生と話をする機会も多く、

母の性格も(私の性格も)わかって下さっているように思いました。

患者と医師の信頼関係[E:heart01]が何よりもの治療です。

スポンサーサイト



母の通院

「頭がふらふらして起きられない」「帰って来てほしい」と仕事中に電話[E:mobilephone]

父が亡くなって7ヶ月。

少し落ち着いて来たかなと思っていた矢先、私にとっては想定外[E:shock]

こんなに早く次のステージが来るか〜〜〜[E:sweat02]

  

仕事を途中で切り上げて、実家[E:house]へ走りました[E:car][E:dash][E:dash][E:dash]

布団はもぬけの殻…。

隣の部屋でゴソゴソしている母[E:sweat01]

下着を着替え、入院用の衣類をそろえていました。

「117カード(葬祭用)が見つからない」と訴えています[E:sweat02]

よく喋るし、動いているし、頭痛も吐き気もないと言うし、

とりあえず一安心。

病院嫌いの母が「病院へ連れて行ってほしい」「一回全部検査しようと思う」

と言うので、よほどのことだったのでしょう。

 

さて、病院[E:hospital]

「どうやって行こう?」「救急車呼ぼうか?」と言っていたのに、

病院ではスタスタと[E:wobbly]

母の代りに問診票を記入し、受付で症状を説明。

受付嬢「何科を受診されますか?」

…それがわからんから総合病院へ来てるんやろ〜!!!!!

君は何のために受付におるねん???

 

母は血圧が高いので、脳神経外科と内科の診察を依頼しました。

脳神経外科外来では…

CT検査は異常なし。脳の血管が切れたと思っていた母はこれでもう安心[E:heart02]

血圧が高いことを伝えると血圧測定。206-122[E:sweat01]

「血圧の変動によるものでしょう」「内科で相談して下さい」で診察終了。

内科外来では…

「お世話になります」と診察室に入った母の顔を見るでもなく、

あいさつを返すでもないドクター。

とっても違和感。

脳梗塞の疑いがないかの触診をした後、看護師さんが血圧測定。

自動血圧計ではエラー、エラー、エラー。手動で測定し、203-114[E:sweat01]

とりあえず頓服を出しますと、頓服を飲んで処置室で安静に。

30分後、166まで下がったところで、再度診察。

早口での説明は私でもメモが取れず。

なんだかたくさん病名を言われましたが、

「○○でもないし」「○○でもないし」みたいな説明で、

あてはまらないなら、そんなややこしい説明はいらんて。

最後は…

「ここは通うのに遠いと思うので、

通いやすい病院で出来るだけ早く血圧管理を始めて下さい」

なんじゃそりゃ!!

 

母は脳に異常がなかったことで上機嫌でしたが、私は何か複雑です。

「おなかすいたな」と言う母とちょっと早めの夕食を外食し、

無事に一日が終わりました。

入院グッズも117カードも必要にならなくて何よりでした[E:heart01]

障害者観

いろいろ思うことがある。

最後の勝負は…

「障害者観」(人間観)なんだと思う[E:flair]

足がつる

明け方…

右足のふくらはぎがつりました[E:sweat01]

痛みで目が覚め、足の親指を反らせながら、痛みが治まるのを待ちました。

そのまま眠り…[E:clock]

朝起きると、右足が痛くてまっすぐに伸びない[E:sweat02]

私は昔から足がつりやすくて、歩けなくなって接骨院に通ったこともあります[E:weep]

今回は、フツーに足をつくことは出来ないけど、

足をひきずりながら何とか歩けるので、出勤[E:car]

車のシートを一番前にやって、

足を伸ばさなくてもアクセルやブレーキが踏めるようにして、運転。

つる前に治められればいいのですが、

寝ている時は何ともなりません。

ほんまに痛い…。これって予防や対処法はあるんでしょうか??

Tさんの講演

今年はなぜか、今まで経験したことがない講師依頼が続いています。

今日は「障害のある人の地域生活支援を考えるセミナー」

障害当事者(多発性硬化症、脳性麻痺、精神障害、知的障害、脊椎損傷)に

話をしていただくという企画で、主催者から

「一人暮らしをしている知的障害者を紹介してほしい」と依頼があり、

私も補佐役として、一緒に壇上に上がることになりました。

 

Tさんは51歳、お母さんが亡くなられてから一人で生活しています。

Tさんに相談すると「ええで[E:heart04]」と即引き受けてくれました。

さて、当日。

昼食時、応援にかけつけた職員がエビスビール[E:beer]の差し入れ。

でも口数はいつもより少ない…。

Tさんは4番目に登壇。与えられた時間は30分[E:karaoke]

 

Tさんの生活ぶりを写真で紹介しながら、

Tさんにインタビューするスタイルにしましたが、

「本人に話をしてもらいたい」という思いと

「説明をしたい」という思いとが中途半端になりました。

おまけに…

あえて練習はせずにぶっつけ本番で話をしてもらった方が、

Tさんらしさが出るだろう、と考えた私は浅はかでした。

彼らにきちんと自分のことを話してもらいたいと思うなら、

入念な準備や練習が必要だったことがわかりました。

帰り道…

「またお願いしたら今日みたいに話をしてくれるかなぁ?」と聞いてみると

「ええで[E:heart01]」「いつでも言うてよ[E:heart02]」とTさんらしい返事でした。

Tさんのこの一言のおかげで、落ち込まずにすんでいます。

  

今回の経験はTさんにとって、自分のことを話す、考えるという

「自立への第一歩」になったのではないかと思います。

私にとってもとても良い勉強になりました。

またの機会があればぜひ2人でチャレンジしたいと思います[E:punch]

Tさん、ありがとう[E:cherry]

新しいバッグ

いつも使っている仕事バッグの縫い目がほつれてきたので、

修理に持って行ったところ…

一目ぼれ[E:heart04]

私はTPOとかを全然気にしなくて、

一度買うとどこへ行くのもそれ。

修理に出したバッグは2年前の夏、スクーリング先でゲットしたもの。

使いやすさは抜群で、買ってから今日まで、ほぼ毎日活躍しました。

でも荷物をたくさん詰め込むので、

縫い目がほつれるというハメに…[E:bearing]

今回、新しいバッグを買っちゃったので、

修理に出したバッグの出番はなくなるかも…[E:coldsweats01]

 

今日は雨の日デビュー[E:rain]

濡れないようにとっても気をつかいました。

余裕がない?

朝5時半に最寄駅から電車に乗り、

始発で東京へ[E:bullettrain]

朝イチの会議に出席出来ちゃうんだよね[E:weep]

お昼過ぎに会議が終わって、昼食も摂らずにとんぼ返り[E:bullettrain]

こんなことを繰り返している私はいかがなものか…。

ちなみに交通費は自腹[E:dollar]

 

友達に会うとか、

お買い物をするとか、

観光をするとか、

そんな気持ちにならない自分が

貧しくて、

とにかく悲しいぞ…。

へこみます…

行政マンA:緊急性はあるんですか?

私:あると思います!(緊急性があるから報告してるのがわからんか??)

行政マンB:私は緊急性は感じませんでしたが…。

私: … 

行政マンC:話を聞くうちに落ち着かれていたし…。

私: … 

 

何をもって「緊急」とするのか…。

「こんなんやったら相談支援なんかいらんやん[E:annoy]」

と事務所に戻って怒り狂っていたら

上司から、

なぜ緊急性があると見るのか、相談員の視点で整理して示さない限り[E:memo][E:pen]

「あの人、いっつも怒っとってやなぁ」と思われるだけ。

と厳しいアドバイス。

 

その通りだよね…。

今年の美白

資生堂「HAKU」、カネボウ「Wの美白」に続いて

今年の美白は

ソフィーナ「大人の美白」[E:heart02]

結局、続かないのが私の難点…。

でも…

今年も頑張ろう(?)[E:sun][E:sun][E:sun]

ムカデにかまれました

昨日の夜…

事務所で仕事をしていたら

「チクッ[E:scorpius]」

いたっぁああああああああああああ[E:sweat01]

スリッパに15cmくらいのムカデが這っていました[E:sweat02]

ムカデにかまれたらどうしたらいいのか…

ネットで検索したら、まれにショック症状を起こすことがあるとか、

すぐに病院へ行くべしとか(日曜の深夜やし…)、

氷水で冷やすべしとか、

43℃の湯につけるべしとか(どっちやねん…)、

とにかく痛い…。

毒って身体に回るんだろか??[E:crying]

調べれば調べるほどブルー[E:typhoon]

夜勤者が「何かあれば救急車で運びますよ[E:hospital]」と

ありがたいようなありがたくないようなお言葉。

覚悟を決めて(?)お風呂に入って寝ることにしました。

かまれたのは左足の裏。奥の方がズキズキと鈍い痛み。

 

朝…[E:sun]

痛みもなく、腫れもなく、ショック死もせず、目が覚めました。

あ〜〜〜良かった[E:heart04]

これからムカデの季節。気をつけよう!(どうやって?)

プロフィール

sanji

Author:sanji
こんにちは。sanjiです。
知的障害者福祉について考えたことあれこれを書いていきます。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR