FC2ブログ

模様替え

来月から相談員が1人増えるので、

リサイクルショップでデスクを注文。

狭いセンターにデスクを増やすために模様替え。

昔は「相談事業は電話が1台あればいい」と言われていました。

でも「計画相談」はちゃんとしたデスクワークスペースが必要。

机に座っている時間、長いもの。

久しぶりの力仕事。ほとんど人任せだったのに、体痛い…。


スポンサーサイト



白龍ラーメン





めっちゃおいしかったです、このラーメン(^_^)/



グツグツ、アツアツ〜〜[E:noodle]

2人の行政マン

今朝はとある行政マンに腹立った~~~!!!

凹むわ…[E:sweat02]

午後は同じく、(別の)行政マンの一言で救われました[E:heart02]


 
丁寧な仕事をしよう。

頼まれ仕事は自分がやれることなら、出来る限り引き受けよう。

信頼してもらえるような仕事をしよう。

何より、ご本人を柱にして、物事を言える自分であり続けたい。

あたしは、あたしが信じたことをやっていく。


そんなふうに思った今日でした。

今日の面談

今日の面談は10代の時にバイク事故で障害を負った40代男性。

数ヶ月も意識がない状態からの回復だったと話されるお父さん。

事故を起こすまではどんな青年だったんだろう??

付き合っている彼女はいたんだろうか?

将来の夢は何だったんだろう?

そして今日までの30年をどんな気持ちで過ごしてこられたんだろう?

そんなことを思ったけれど、初対面でそんなことにふれられるはずもなく。

たった1回の面談で「サービス等利用計画案」[E:memo]を書くことが

今、私たちに求められている使命です[E:wobbly]

ちづる

「ちづる」映画上映会[E:movie]に行って来ました。

立教大学卒業制作として赤﨑正和監督(25歳)が撮影したドキュメンタリー映画。

重度の知的障害と自閉症をもった妹・千鶴さんとその母を1年に渡り撮り続けた作品です。

上映会の後は監督の講演[E:karaoke]

とても素朴な語り口調。

メッセージは「伝えたい」という気持ちと、「伝えたいこと」があってこそ、

相手に伝わるんだと感じました。

制作にあたってのコンセプトや何を観せるか等、

指導教授とのやりとりが紹介されて、映画制作という点からも興味深かったです。

ほんとにいい映画、いい講演でした[E:heart02]


実行委員会のメンバーで軽食を食べに行くと聞いたので、私も厚かましく同席[E:happy01]

名刺交換をする前から、「一緒に写真撮ってもいいですか??」とツーショットの写メ[E:camera]

だって、ミーハーなんだも~~ん[E:heart04]

でも…だんだん関西のおばちゃん化している自分を感じます。トホホ[E:sweat02]







リッチなランチ~

ランチ
ランチ





今日はベンツでおじさま(?)がお迎えに来てくれて、

母と3人でお昼のランチ~~~[E:restaurant]

目の前で焼くお肉や野菜に

「こんなん初めてやわ~[E:heart02]」「癖になりそう」と母[E:up]

シェフから「今日のご予定は?」と聞かれ、

「これが今日の予定です[E:shine]」と答える私たち。

ごちそうさまでございました[E:happy01]

ひとりじゃない

今日は相談支援部会。出席者は12事業所、19名。

今回、事例検討の事例提供者は私。

進行は他事業所の相談員さんにお願いして、仕切ってもらいました。

20分の事例説明に続いて、

「では、sanjiさんのモヤモヤを解消するために[E:flair]」と意見交換がスタート。

なんとあわせて1時間半~~~~~~。

全員の発言を促していただき、とても充実した時間になりました[E:heart02]

「こうした事例を積み重ねることが大切」
「一人で抱えない」
「窓口はあるが体制がない」
「課題を発見しても話し合う場がない」
「高齢者のように行政向けの研修が必要」
「一定の終結をしたら、対応のふりかえりが必要」
「専門職のアセスメントに自信を持ち、火を小さくしない(ぶれない、あきらめない)」
という意見や
「こういう事例に出くわしたとき、見て見ぬふりだけはやめようと思った」
「相談員という仕事の責任や社会的使命を痛感する」
「こういう場(部会)があることがありがたい」
という感想も。

行政やシステムのせいだけにするのではなく、

自分たちには何が出来るかという視点でも話が出来たような気がします。

相談員が力をつけること、経験は強みになる、そして、

これだけのメンバーが一致団結すれば、大きな力になるはず[E:up]


私の一番の収穫は、「安心して話が出来る仲間がここにいる」という実感を得られたことです[E:heart04]

次のしかけを考えます[E:punch][E:happy01][E:punch]

悩ましい年頃

私は直接支援が好き[E:heart04]

以前、関係者のみなさんと話していた時、後進を育てなければならないという話題から、

私は「まだまだ自分がやっていきたい」と話したら、

「70歳になっても相談員をやっていくつもり??」と言われたことがある。

はい、出来るものならそうしたい…。
 

管理業務は好きじゃないし、苦手。

そもそも私自身が他人と協調しにくいし、組織に向いている人間ではない(…と思っている)。

でも組織の中で年数を重ねてくると、一定の役割は果たさなければならなくなる。

それが嫌ならフリーになるしかないけど、

フリーでやっていく自信も根性も(今のところ)ない。

悩ましい年頃(?)になってきた。


小さな小さな組織の管理者でも悩みは尽きない。

あ、指導がどうのこうのとかではなく、自分自身の問題。

職員にはとても恵まれているから、それは何よりもありがたい。

悩んでも解決はしないから、前に進むしかないけど、

ちょっとつぶやいてみたくなった。






恋の力??

8月から新しい事業所を利用し始めたW君は、今月3日間通所しました。

「3日間しか通所できなかった[E:down]」

「3日間も通所できた[E:up]」

さて、どっち???

モニタリング報告書には「9月よりは少なかったが10月は3日間通所した」と書きました[E:memo]

彼のブームの「プラズマ☆イリヤ」のイラストをネットからコピペして

「Wさん、がんばって~~[E:heart01]」と吹き出しにして、

応援メッセージを入れてみた[E:happy01]

W君をその気にさせるためには、イリヤの力だって何だって借りなくっちゃ[E:flair]

その気になってくれるかどうかはわからないけど、

「行かなあかんやん!!」と注意するよりはよっぽどいいと思う~~。

(注意をして行ってくれるぐらいなら、苦労はしない…)

イラストひとつでこんなにうれしそうにしてくれるなんて、意外~。

女性(?)の力は強いのだ。

好きな人がいるというのは力になるのだ、きっと[E:heart04]

がんばれ!W君!!応援してる~~~~[E:heart02]




伝えたい

毎朝「おはようございます」とメールを送ってくれていたN君。

「おはようございます!今日はどこですか?」と

ワンパターンな返信をするのが日課でした[E:sun]

それに返事が来て、次々話がはずむ日もあれば、返事が来ない日もありました。

でも次の日にはまた「おはようございます」というメール。

そんな風景があたりまえになっていた日常。メル友[E:mailto]ですね。

そんな話をしていたら、うちの相談員が

「それってすごいですね!」
「私には今日自分が仕事かどうかとか、元気かどうかとか伝える相手はいません」

と言いました。

なるほど…[E:flair]

脳性マヒでコミュニケーションがなかなかとりにくいN君がみつけた伝達手段[E:phoneto]

でも手段だけがあっても伝わらない。

「伝えたい」と思うことがあって、「伝えたい」と思う相手がいてこそ、成り立つんだと思います。


N君のサービス等利用計画を作成することになりました。

改めて昔の記録[E:memo]を読み返してみて、

短文のやりとりだけど、めっちゃ楽しそう[E:heart04]と読みふけってしまいました。

さて、中断しているメール交換は復活するかな???

私がN君に伝えたいことって何だろう??






プロフィール

sanji

Author:sanji
こんにちは。sanjiです。
知的障害者福祉について考えたことあれこれを書いていきます。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR