FC2ブログ

あなたには私がいます。

 
 

「〇〇さんの顔が見たくて[E:heart02]」

「遊びに来ました[E:happy01]」

「病んでるんです[E:shock]」

窓口に座って突然そんな話を始める私達に

付き合って下さった行政マンのみなさま。

お忙しい中、ほんとうにありがとうございました[E:heart04]

 

「メッセージください」とお願いしたら

「あなたには私がいます。」のメッセージ。

裏には

「なんとかなるよ。」

「チームワーク!!」

 

何も話さなくても、

顔を見るだけ、

声を聞くだけ、

それだけで、

ホッとできたりする。

フシギですね。

 

特に何があったわけじゃないけど、ちょっとお疲れ。

でも、こんな日もある。

スポンサーサイト



助けられ上手

夕方、Mさんから電話[E:mobilephone]

Mさんと出会ったのは約16年前。

年に数回「sanjiさん、元気にしてますか?」と様子うかがいの電話をしてくれます。

今日は障害基礎年金の診断書の件でした。

「前に〇〇病院で書いてもらったから電話で予約したらいいよ」

「診断書のお金がいるからね」

と伝えると

「sanjiさん、病院に電話してもらえませんか?」とのこと。

そうやんね。

年金もらい始めてから、病院とのやりとりは私がしてきたもんね。

 

私が必要とされていることは今はもう何もなくて、

でもこのタイミングで電話をくれるMさんはほんとに助けられ上手ですね。

予約さえしておけば通院も支払いも(待ってもらう交渉も含めて)自分で大丈夫。

なんというか、Mさんの生き方ってステキ[E:heart02]と思えます。

 

明日予約をしておきますね。

ほっこり

今年も相談員のパパさんから届いたとうもろこし。

ラップしてレンジで3分[E:sandclock]

あまくておいし~[E:heart02]

  

夕方利用者さんからメール[E:mobilephone]

「今日もしごとつかれたよ[E:wink]」

  お疲れさま[E:happy01] 私も今日はつかれたよ[E:despair]

「書類とか?」

  むずかしい相談とかね。

「そうなんだね。ご苦労様でした。[E:house]に帰ったら、ゆっくり休んでね♪」

 

すごいよね、この返し[E:shine]

完全に負けている気がします。

頑張らないと~~[E:heart04]

直談判

今日はわが県の相談支援ネットワークの総会です。

県の障害福祉課長や開催市の生活支援課長さんも来賓としてご臨席下さり、

総会後の研修には5月から厚生労働省相談支援専門官になられた

鈴木さんが来て下さいました~[E:scissors]

 

終了後、専門官に直談判[E:sign02]

・事業所として成り立つ仕組みを考えてほしい(理想ややる気だけでは無理!)

・その打開策のひとつとしてモニタリング頻度の再考

・支給量の上限があったり、障害支援区分によって選択が制限されることについて

・相談支援専門員の責任の範囲

 

ほんとは意見交換の時間にやりとりしたかったんですが

進行上の都合で出来なかったので、個別の話になってしまいました。

でも、直接話が出来て良かった。

 

今は何でもエビデンス。

報酬改定に向けて、意見をまとめていかなくちゃですね[E:punch]

イタリアンを食べながら…

今日は法人で地域支援に関わっているメンバーの懇親会(歓迎会)。

参加メンバーは総勢15人でした。

うちの施設に「相談室」が出来たのが平成6年。

私ともう一人の職員(兼務)とでスタートしました。

平成7年に心身障害児(者)地域療育拠点施設事業

平成8年に療育等支援施設事業

この事業がもとになり、施設の中に地域支援が本格的に位置づけられました。

障害者自立支援法が始まり、コーディネーターの配置はなくなりましたが、

現場の職員たちが外に出て行く機会があるのはこの事業があるからこそです。

外で得たことを中の支援に生かしてもらうこと、

それが何よりもの願いです[E:heart04]

指定特定相談支援事業所や発達障害者支援センター、障害者相談支援センター等

相談支援に専任であたる職員も増えました。

20年前には考えられなかったなぁ~。

 

すっかり様変わりした(?)地域支援メンバーを見ながら

次の時代をどう作っていくか、何を引き継いでいくか、

考えながら時間が過ぎていきました。

 

介護支援専門員さんの勉強会

今日は地元の地域包括支援センターが主催する介護支援専門員さんの勉強会に

相談支援センターの相談員全員でお邪魔させていただきました。

テーマは「障害者総合支援法の相談体制について」です。

私からは障害者総合支援法と計画相談のお話をさせていただきました。

50分[E:sandclock]時間をいただいていましたが、足りませ~~ん[E:sweat01]

総合支援法について話をするのは3回目でしたが、

やっぱりむずかし~~~~~~[E:shock]

支援費制度や障害者自立支援法から話さないとつながらないし、

個別給付とか訓練等給付とか地域生活支援事業とか、

そんなことを話し始めると、もうチンプンカンプンさが会場から伝わってきます。

でも飛ばすわけにもいかないし~。

計画相談が始まってゴタゴタし始めている?介護保険との関係については

私も今回改めて勉強し、お話をしました。

これからますますケアマネさんとの関係が出てくるだろうと思います。

とりあえず顔を知っていてもらえれば思い出してもらって、

つながると思うので、

今回の機会はほんとうにありがたかったです[E:happy01]

今度は私たちが介護保険のお勉強をしなくっちゃです[E:sign03]

大失敗でした

休み明け、9時半からの会議。

15分前、会場準備をするために会議室に行くと、

施錠されている…[E:despair]

5分前になっても開かない[E:bearing]

担当者に電話すると「今日は何があるんですか??」との返事。

え??え????

「〇〇さんの個別支援会議が…」

「電話では今日と聞いていましたけど、

文書では19日になっていたので、変更になったんだなぁと思っていました」

げ・げ・げ…[E:wobbly]ほんまですか~~~???!!!

でもご本人を含め関係者のみなさんは時間通りに来て下さり[E:up]

ただ…担当ヘルパーさんとは連絡付かず、

事務所に連絡すると「19日にお伺いする予定になっています」

そりゃそうですやんね~~~~[E:memo]

長いこと、こういう調整もやっていますが、

日にちを間違えるなんて、ほんとに初めてで、

ヒジョーに落ち込みました…[E:sweat02]

忘れない

今年も足を運びました。

ここに町があり、人の営みがあったなんて、言われなければわからない。

何も出来ないけれど、

忘れない。

何を思い出すために、

何を考えるために、

被災地に足を運ぶのか、

わからないけれど、

忘れないために。

セミナー大成功~

障害のある人の地域生活支援を考えるセミナーも4年目。

圏域自立支援協議会との共催にしていただいています。

このセミナーの「ウリ」は障害をもつご本人が語るということ。

年々発表もバージョンアップ[E:up]

今年の発表者は6人。

当事者交流会で「どうしたらよりわかってもらえるか」を話し合ってきた成果もあり、

何より、みなさん慣れてこられた!!

自分のことを人前で話せるってほんとにすごい[E:heart04]

こんな機会がもっと広がるといいなぁと思います。

再会です

コーディネーターとして仕事を始めて、なんと!20年目になります。

今日は初期の頃に関わった方と計画相談で再会です。

当時小学生だった彼女はすっかり大人の女性~[E:heart02]

右も左もわからなくて、よちよち歩きだった頃の自分を思い出しました。

それでも「この希望をかなえたい!」と一所懸命だったと思います。

お母さんから

「sanjiさん、全然変わってないねぇ」

「長いこと働いてたら、いろいろあると思うけど、しんどいことってないんですか?」

「充実してるってことやなぁ~」

と言っていただきました[E:happy01]

20年前も今も元気に見えるってことだよね。うれしかった~。

そんなんで、面談も2時間半。

長居してしまってごめんなさい…。

プロフィール

sanji

Author:sanji
こんにちは。sanjiです。
知的障害者福祉について考えたことあれこれを書いていきます。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR