FC2ブログ

ありがとう!

母はすごい。

再入院に向け、すっかり気持ちが切り替わっていました。

 

もといた病院に戻る前にティータイム[E:cafe]

これからのことを話しておかなくてはなりません。

 

2つの課題(①さびしい、②トイレ)について聞きました。

さびしいというのは私のわがままでしかない。

トイレとかがうまくいかなくて、

えらそうに言われたりしたときに腹が立ったり、

そんなこと言わんでもええのにとさびしくなったりする。

でもトイレの問題は解決したと思うので、

ず~っとここの病院にいてもいいと思う。

と母は言いました。

 

とりあえず1ヶ月くらいは病院でお世話になって、

そのあとは

昼間は今みたいに誰かがいてくれて、

一人部屋で、

夜はブザーを押せば誰かが来てくれて、

テレビが置けて、

携帯電話も自由に使えて、

ちょっとしたお茶くらいなら沸かせて、

外出も自由に出来て、

そんなところはどうかなぁと考えているんだけど。

と伝えました。

 

「そんなとこあるんやったら『つば』つけといて[E:heart04]」

「私、友だちいっぱい作るから[E:happy01][E:up]」

と母[E:shine]

 

私「遠くてもええか?」

母「かまへん、かまへん」

私「毎日は会いに行けへんで」

母「そんなん、週1回来てくれたらかまへん」

私「…え~~っと、月1回くらいになりそうやけど…[E:bearing]」

母「あ~それでもかまへんで!大丈夫や!楽しぃ~にやるから」

 

「髪がばさばさするから帽子がほしい」と母のオーダー。

それまでかぶっていたニットの帽子ではあかんよなと。

リーズナブルなファッションショップに入り、

母が足を止めて見ていたのはピンクの花柄のスカーフ。

「これちょっと首に巻いとこか[E:ribbon]」

 

オムツじゃなくて、おしゃれに気が向いている母が

うれしかった[E:happy01]

 

母娘でたくさんの人に出会い、

母娘でたくさんの人に支えられました。

「ほんまにたくさんの方からエネルギーをもらった[E:heart04]」と母。

 

これからも「つづく…[E:shine]」です。

 

ありがとう。

スポンサーサイト



決めるってむずかしい

昨日病院に行くと

「今日はサイコー[E:heart04]」

「こんなにうれしい日はないわ~[E:heart02][E:up]」

を繰り返す母[E:happy01]

術後初めての便が出て、トイレでも便が出来たそうです[E:scissors]

夜にはドクターから「土曜日か日曜日の退院はどうですか?」とのお伺い[E:happy01][E:ear]

 

「手術をしたらもとの病院にちょっとでも置いてほしい」

これが母の望み[E:shine]

…だったはず。

 

入院が決まってから、院長に母の希望を伝えて、了解をしてもらって、

術後はワーカーさんに何度も経過報告メールをして、

今日、土曜日の退院(再入院)を決めました。

 

ところが…

昨日とはうって変わってうかない顔の母[E:shock]

 

戻りたくないらしい…[E:sweat02]

 

母と付添いさんとの間で私は「悪者」になっていた[E:weep] 

 

ちょっと待ちぃな[E:annoy]

「ずっとおりたい」「退院後もおいてほしい」と言うてたやんか[E:sign03]

 

…とはもちろん言いませんでしたよ。

(私だって相談員の「端くれ」ですから)

 

人の気持ちが変わるのはあたりまえ。

あのときは不安だったし、他の選択肢がなかったからそう言ったんだよね。

今は手術もうまくいって、自分でやっていけそうな自信がついたんだね。

前よりも快適だと感じるケアを受けることが出来て、戻るのが嫌になったんだね。

 

はぁ…[E:sweat02]

三歩進んで一歩後退って気分です。

 

いつもいつも母の気持ちに添うように考えてきたつもりなんだよ。

「ひとりぼっち(淋しい)」

「昼も夜も誰かがいるところがいい」

 

これも変わったんかな~?

 

気持ちは最大限聴きますけど、

最後は私が決めさせていただきますね、母上[E:paper]

絶望的??

今日は2ヶ月に一度の市町部会。

定例のサービス等利用計画の作成状況について。

「とある施設から連絡があって『3月中には無理です』と言われました」

「1年前からお願いしていたのに…」

「(3月末で100%を達成するのは)もう絶望的です…[E:crying]」

[E:happy02]  [E:happy02]  [E:happy02]  [E:happy02]  [E:happy02]

 

なんてすばらしい[E:lovely]

100%にすることが決して最終目標ではないけれど

それでもこの3年間、1つの目標に向かって取り組んできたこの成果。

100%になったところから、私達の地域は新しいスタート[E:flag]

次の取り組みが始まります[E:sign03]

 

さあ、頑張ろう[E:up]

春ですよ♪

blogを2ヶ月もお休みしてしまいました。

病院の談話室のテレビを観て

「ワッ!!高校野球なんだ~[E:baseball]」と驚いている私に

知らないおじさんに「春ですよ[E:tulip]」と言われました[E:sweat01]

  

写真は今日の母の病院食。

4日ぶりの食事で、五分粥からなのに、これだけの副菜にびっくり!!

娘と妹と付き添いさんに見守られる(監視される?)中、

「おいしいわ~~[E:heart02]」と8割くらい食べてくれた母でした。

 

命に関わる疾病ではありませんが、

今後の生活のQOL向上のために欠かせなかった今回の入院。

手術は全身麻酔で6時間半かかりました[E:bearing]

今日から食事がokとなり、

背中に入っていた痛み止めのドレーンも抜けました。

 

心配していた夜間せん妄もなく、回復に向かっています[E:scissors]

 

家族と言う「当事者」まっただ中の毎日。

たくさんの人に支えられて、たくさんのことを考える毎日です。

 

今までもそうしてきたつもりですが、

「相手の立場になって考える」

そのことが何よりも、何よりも大切なことなんだと思います。

 

母から学ぶことは山のようにあります(現在進行形)。

母は誰に対しても「ありがとう」「すみません」「お世話になります」

という言葉を忘れません。

母は立場が弱い者のことを自分と置き換え、意見を言います。

母は社会に対する「憤り(怒り)」を持ち、

「変えなければならない」という思いを持っています。

母はどんな時もユーモアを忘れません。

母は人生にいつも前向きです。

母は人に対する感謝を忘れません。

 

私はそんな母の娘であることが幸せだなと思います[E:heart01]

 

外はもう春。

全力で駆け抜けた冬は終わろうとしています。

さて、愛車Poloちゃん[E:car]とドライブの予定を立てましょう[E:happy01]

プロフィール

sanji

Author:sanji
こんにちは。sanjiです。
知的障害者福祉について考えたことあれこれを書いていきます。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR