FC2ブログ

母の日

今日は母の日。

お昼前に母から2回着信[E:phoneto]

出られなくて、折り返しかけたけど通じず。

1時間後にまたかかってきました。

母「あんなぁ。タンスがまだ来ーへんねん[E:weep]」

私「タンスは明日やで!」

母「それやったら連絡くれなあかんわ。朝から待っとったのに[E:angry]」

 

いや、あの~もともと明日月曜日の9時に配達ということでしたやん[E:sweat02]

 

昨日、母の妹と面会に行って、一緒に家具屋さんへ付き合ってもらいました。

「何もいらない!」と言っていた母ですが、

少し不便を感じ始めているようだったので、今がチャンスです!!

整理ダンスと2人掛けのテーブルセットを買いました。

 

いつまでここにいられるかわからないので、

私も悩むところでしたが、

たとえ短期間になったとしても、

「今」を大切にしたいなぁと考えました。

 

母がタンスが来ることを待ってくれていることがうれしかった[E:heart02]

 

今日の夕方には、母の妹から電話がありました。

「昨日のことやけどなぁ。怒らんと聞いてよ」

「安い方のタンスを私にプレゼントさせてもらえへんかなぁ」

 

おばちゃんなりにいろいろ考えてくれたんですね[E:heart04]

 

再来週、一緒に行くことにしました。

 

さてさて、明日はどんな電話がかかってくるかなぁ~~。

あ、そうそう、母からの電話はその後3回。

 

「あ、またかかってもた[E:sweat01]この電話、どうやったら切れるんかなぁ…」

「はい、はい、赤いボタン押して、そのままにしとって」

スポンサーサイト



午後の電話

午後、母から電話[E:phoneto]

母「電話くれたんか?」

私「してないよ。変わりない??」

母「変わりないけど…淋しいわ~[E:weep]」

 

そうですか…。

そんなことを聞くと私もまたユラユラしちゃいます[E:typhoon]

頑張れ、母[E:sign03] 頑張れ、私[E:sign03]

これでいいのだ

昨日はblogを更新してからお昼ごはん食べて、

積んであった冬物を洗濯して、

再放送ドラマ[E:tv]を観ながらお昼寝して、

あいものをクリーニングに出しに行って、

実家へ郵便物を取りに行って、

玄関が塞がりそうな勢いの草だったので、少しばかり草抜きをして、

お買い物に行って、

ご飯屋さんでご飯を食べて、

母の部屋に置けそうな収納用品を探しにホームセンターへ行って、

家に帰って、

干していた冬物を取り入れて、

久しぶりに隣の駅までRunをして、

お風呂に入って、

コーヒー飲んで、

テレビをつけたら梅木夫婦のドキュメントをやっていたので観てしまって、

散らかり放題の物をとりあえず元の場所に片付けて、

お布団に入ったのは2時だったとさ…。

なにもしないと決めたのに、

いつも以上にいろんなことが出来た一日だった~~~[E:sun]

 

今日、ケアハウスの相談員さんからメールが来ました。

「ここは天国やわ[E:heart04]」と笑顔多く見せて頂けます。

 

これでいいのか?

これでいいのだ[E:happy01][E:up]

これでいいのか?



今日は何もしない(と決めた)一日です。

心身ともにとてもくたびれた2週間でした。

希望通りになったんだから

喜んで、感謝して、安心していればいいのに

「これでいいのか?」が付いて回ります。

 

昨夜、母から電話がありました。

「あんなぁ…今日なぁ…」と暗い声[E:rain]

「一番端の部屋のおじいさんが亡くなったんや」

「ショックでなぁ[E:weep]」

「今日は寝られへんかもしれんわ…」

 

これまで、母は「死」に対してあまり感情を示すことがありませんでした。

他人の死についても自分の死についても…。

なので、この言葉にはとても驚きました。

 

先週ケアハウスに入居したばかりの母は

そのおじいさんのことは知りません。

でも同じ境遇の人が亡くなったことが自分と重なったのかなぁ。

 

さて、母が入居した部屋は22.6㎡[E:sun]

大型テレビでもソファーでもタンスでもテーブルセットでも

何でも置けるけど、「何もいらない」と言います。

「いつまで置いてもらえるかわからへんのに[E:angry]」と母。

ごもっとも[E:shock]

 

「これで良し」はないですね。

 

正真正銘の「福祉サービスユーザーの家族」という当事者になり、

契約行為やら、サービスの内容やら、

「家族」という視点から見ることになりました。

  

今一番感じていることは

相談員は希望を聞いて、サービスにつなぐだけが仕事ではなく、

「これでいいのか?」という本人や家族の気持ち(揺れ)に添い続け、

時にはiメッセージを伝える。

当事者に揺れがなくても、

専門職として「これでいいのか?」と問い続ける、

それが本当の仕事なのかなと思ったりします。

プロフィール

sanji

Author:sanji
こんにちは。sanjiです。
知的障害者福祉について考えたことあれこれを書いていきます。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR