FC2ブログ

講演会から考えた

今日はルネス花北の宮田先生の講演会がありました。

テーマは「重症心身障害児・者の理解と支援」です。

以下先生のスライドより抜粋です[E:memo]

<自立するために必要な能力とは?>

・「歩く」「しゃべる」「読み・書き・計算」は、地域で暮らすために不可欠な能力ではない

・社会で豊かに暮らしていくために必要な能力は?

  ・意欲、自信、安心感

  ・コミュニケーションする力(言葉だけではない!)

  ・生活する技術(買い物できる、身だしなみに気がつかえる、

  周りの人と「折り合いをつける」など)

  ・自分で決め、自分で選ぶ力

・どんなに障害が重くても、自立する能力はあり、その権利もある

・療育の課題は、自立への準備=エンパワメント

 

とても気持ちの良い講演会でした!

「意欲」「自信」「安心感」は障害のある人だけでなく、

子どもや高齢者も含め、すべての人に必要ですよね!!

先日の関係者会議でも「心のパワーをどう取り戻すか?」が議論になりました。

意欲や自信を育んだり、安心感を感じるためには、

ひとりひとりが大切にされることが基本です。

人間理解…まだまだ修行(?)が必要です。

スポンサーサイト



コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
 

「しゃべる」「読み・書き・計算」出来る人で地域生活で上手くいかなくことが本当に多いです。
重くても、ケアホーム等で力を発揮しているのは確かに「折り合いをつける」能力を持った人です。
そう考えると、学校(支援学校や支援学級も含む)の勉強って本当に生きていくために必要な力を養うことになっているのか?と考えてしまいます。
<自立するために必要な能力とは?>に書かれていることは本当に全ての人に当てはまるし、社会人として必要な能力ですね。
はっぴいグリフォン | URL | 2010/08/25/Wed 22:15 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

プロフィール

sanji

Author:sanji
こんにちは。sanjiです。
知的障害者福祉について考えたことあれこれを書いていきます。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR